日々の流れを鳥瞰す


by touwanebula

P2! let's Play Pingpong!  打切り…

はて?今週のジャンプに標記の漫画が載っていないと思ったら…

打ち切られてました…

(まぁ、後ろに来てたしいやな予感はしたんだけど…)

まぁ、編集部へのアンケで人気が無かったとかそういう理由らしいですが、
打ち切ることの

意味が分かりません。

ストーリーから心情描写、キャラの体の動き、どれとっても綺麗に描かれているこの漫画。
しかし、この件につき、あるサイトの感想を見ると気づく点が多々あり。

ひとつ、話が暗すぎる。
確かに、いじめから因縁まで暗い話が続きすぎ。中学生の漫画だからこういうのもありか、と思わないではないがクールさは少なかったかもしれない。

ふたつ、リアルすぎる。
この漫画は筆者が過去に卓球やっていた経験があることもあって、キャラの体の動きが、綺麗に描かれている。もちろん、某人気テニス漫画のように、ありえない現象が描かれていることはほとんどない。しかし、それだからこそ、「つまらない」という一般からの感想が挙がってしまったのかもしれない。いわゆる必殺技系はほとんどなく、誰でも持っている卓球の技、それを丁寧に描いているから。スマッシュの速度が速くて「み、みえない」とか、カットの回転が速くてネットを焦がすとかそんな表現があっても……なくていいわ…。

みっつ、キャラにカッコよさがたりない。
もともと可愛い系のキャラの描き方だが、やはり商用漫画。売れないと話は始まらない。昨日放送の「働きマン」で、編集側と営業側が対立していたように、営業側は売れてなんぼ。たしかに、他の漫画に比べると売れそうな気配はなかった漫画。ジャンプに掲載していることから、キャラをカッコよくして●女子に受け人気を上げる必要があったとも考えられるが、それが無かった。しかし、打ち切り直前には、カッコイイ系のキャラが出てはきたが。

よっつ……(いったんやめ)

やはり卓球というジャンルは世間受けしないのでしょうか。むちゃくちゃ残念。
ちょっと前までは 「この漫画読みながら卓球始められる中学生はうらやましいなぁ」
と思っていたけど、それも過去の話。


打ち切りは打ち切り…。どうやら復活の道はかなり厳しいらしい。

f0097425_21281756.jpg

まったくだ…。

個人的に卓球はものすごく思いいれの強いスポーツ。
卓球やってなかったら他のスポーツも好きにならなかったかもしれない。
この前も、近くのスポーツセンタで練習。
そんなわけで思い出の卓球時代をすごしたラケットをのせておわり。
ジャンプに対する文句はまた次回。

f0097425_21351130.jpg


ラケット : タマス社製 「シャマダ」(中国式ペンホルダー)
ラバー : TSP社製 「spectol」(表ソフトラバー)
陣形 : 前陣速攻
[PR]
by touwanebula | 2007-12-06 21:44